売上アップ(店内販促)

お客様も喜ぶ高単価商品で売上アップ

成人の日を含む三連休。

正月明けてそのままの流れがある連休。

ここを如何に逃さずにしっかりと売上をとっていくのかは
一月の売上高を良い状態で終わらせるにはとても重要です。

まず、年始に考えを見直してみて欲しいのですが

「景気が悪いから、高いと出ない」

という考えは今日捨ててください。

今は、高いから出ない、注文しないのではなく

本当に価値があるのか?

注文すべきなのか?

をお客さんはとても考えています。

高額だから注文しない、
来店しないのではなく、

注文しなくて良いと判断している
来店しなくて良いと判断している

そう判断したからその行動を選択しないだけです。

小島のクライアントは、

バンバン高単価商品を売っています。

メニューリニューアルで
客単価が150円~上がるなんてごく当たり前です。

そして、客単価が上がっても客数は減ることはありません。

減らさずに客単価が上がるので
15%~20%売上が上がります。

年末年始に昨対30%超えの店舗もありました。

年越しそばで過去最高売上出したお店も。

12月昨対121.9%のお店も。

しかし、ただ単に商品価格を上げただけではありません。

商品によって上げるものもあれば下げるものもあります。

新商品を投入する場合もありますし、
バリエーションを増やす場合もあります。

もちろん、商品を削除する場合も。

価格については、価格弾力性を商品ごとに考えて
価格を再構築していきます。

失敗しないためのノウハウが無いと
客離れを引き起こしかねないのが
価格設定です。

ここはぜひご相談ください。

今まで悩んでいたのが一気に解決させて
新たな取り組みに力を注いだ方が早く利益が増えます。

そして、この成人の日を含む三連休は、
今からでも高単価メニューを
黒板に書いておススメしてみてください。

『成人式まで限定!ズワイ蟹まみれチャーハン 1980円』
『成人のお祝いに。いくら・雲丹・まぐろの豪華三宝盛り 2480円』

ケチらずにふんだんに盛り付けて原価50%でも良いので
粗利1000円もらうイメージで限定商品を提供してみてください。

こうした限定商品は原価率で考えずに
粗利益額で平均粗利益単価より多く設定してみてください。

お客様は喜ぶし、笑顔になって
お店も粗利はしっかりともらえる。

そして月全体の原価率はその他商品で調整すれば良いのです。

こうした戦略も大切なのでご相談ください。

2024年は正直商売でしっかりと儲けましょう!

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら