商品開発(ドリンク)

ドリンク価格改定をする前に。

酒販比率が下がっているお店はドリンクの価格を変更しようと考えておりませんか?
今日はドリンクの価格変更する際のポイントをお伝えさせていただきますね。
 
まず、価格変更をする際、
ただ変更する、値上げをするのではなくて、
そもそもその商品で良いのか?
考えてみてください。
 
例えば、今まで低価格で提供するために
グラスのサイズを小さめのものを使用していたけど
お替りしなくなったとしたら、
低価格で提供するのが本当に良いのか考える必要があるといえます。
 
3杯、5杯、10杯とたくさん飲めるように
価格を抑えてきたけど
そのニーズが少ないのなら、低価格である必要があるのでしょうか?
 
それでしたら、しっかりと価格をいただいて
1杯で満足できるグラスにした方が良いかもしれません。
 
杯数飲まないのなら、
ちょっといいお酒を飲みたいのではないか?
ハイボールも少し値の張るものもあっても良いかもしれません。
 
そうしたことを考えたうえで
ドリンクの価格改定を検討してみると良いと思います。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら