スタッフ教育・チームビルディング

スタッフに商品価格を高く感じさせない接客を教えよう

値上げ・価格改定を行っているとお客様から
「高くなったね・・・」と言われることもあるかと思いますが
あなたのお店ではどう答えていますでしょうか?

おはようございます!
飲食店のコンサル・アドバイスをしている小島です。

どうしても食材や光熱費、包材など価格が値上げされていると
繰り返し商品の価格改定を行わなければならないですね。

しかし、繰り返し値上げになると
お客様から「高くなったね…。」
と言われることもあるかと思います。

その時、
「申し訳ございません。。。」
と謝ったり、
「ほんとうに何でもかんでも上がってしまい価格改定せざるをえなくて・・・」
と理由をお伝えしたりしているかと思います。

これはお客様からきた言葉に対しての対応になりますよね。


まず、ここから変えていっていただきたいと思います。


価格はその商品の価値と比較されて
高い・安いを判断されます。

なのでお会計時に「高い」と感じてしまってから
理由を伝えられても価値を判断した後なので
どうにもなりません。

単なる言い訳にしか聞こえないといえます。


なので価値を判断する前に
価値をしっかりと伝えることが重要になります。


価値を伝えることをスタッフが意識を持つこと。


これが出来ているかどうかこれが大事となります。


例えば、
ひとつの料理を提供する際

「ハンバーグお待たせいたしました。」

と伝えるより


「シェフが厳選した〇〇牛のハンバーグお待たせいたしました。」


「ハンバーグお待たせいたしました。」
「こちらの玉子はシェフが今朝、朝獲れ卵を仕入れてきたもので
新鮮でとても濃厚さを味わっていただきたいので
まずは卵だけ味わっていただければと思います。」


などと価値を伝えることで
価値を判断する時に付加価値情報をお客様に伝えて
より美味しく感じてもらい価格を高く感じさせないことで
「高くなったね・・・」とネガティブ感情を減少させることができます。


「美味しいけど高いね」
という
価値→価格
で終わる感想ではなく

「ちょっと高かったけど美味しかったよ!」

価格→価値
というように価値で終わる感想になるように
してみてくださいね。

このようにお客様の感想でも価値が伝わっているかチェックできるので
スタッフにも落とし込んでくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら