スタッフ教育・チームビルディング

人不足。人を増やしても人不足

シフトに穴が開くことは人を増やすことでは解決しません。
忙しい時、「あと一人いれば・・・」と思いますが増員ではない方法で
悩みを改善を考えてみてはいかがでしょうか?

おはようございます!
飲食店のコンサル・実践運営アドバイザーの小島です。

「人が足りない・・・」

これは飲食店の永遠のテーマと言っても良いのではないでしょうか?

しかも最近はスタッフの数は確保出来ていても
いざシフトを組むと、人が足りない・・・。

店長の一番の悩みかと思います。

コロナ禍もありアルバイト・パートスタッフも
勤め先がまともな営業ができず
シフトに入れずに収入がほとんどなくなった人もいました。

閉店をしてしまうお店も多かったです。


そのため、アルバイト・パートスタッフも生活に影響するので
掛け持ちをする人が多くなったと思います。

ヒアリングすると多くの人が2つ以上の掛け持ちをしていました。

中には3つ、4つ掛け持ちをしている方もいるほどです。


こうなると一つのお店に割く時間と気持ちが分散されます。


ここが大きな影響を与えていると小島は考えています。


今まではアルバイト・パートスタッフは
基本ひとつの勤め先なので
あなたのお店の勤務が
学業や子ども、家庭の次に高い優先順位でした。

しかし、収入の途絶えを起こさないように
複数の勤め先で勤務することにより
優先順位のライバルが多くなりました。

そして、勤務が分散することにより
あなたのお店への帰属意識も分散され

「人が足りないから出られない?」

と聞いても中々シフトが埋まらなくなっています。


なので人を増やしてもシフトに穴が開くことが増えているといえます。


これを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?


小島の考えでは、


あなたのお店の帰属意識を高める


これが唯一かと思います。



あなたのお店に無くてはならない存在として認識させる。


スタッフの居場所を守り、収入も守り
人として認めて成長を促し成長を感じてもらう。


「ここにいれば安心だし、自分も成長できる」
「成長すればお店も利益を出し自分も収入が増える」


と、あなたのお店が土台となり成長に繋がることを
意識してもらう。

そのためには待遇は最低でも他の勤務先と同等以上にしなければなりません。
これはもう必須です。

まずは、周辺のお店と待遇が良くない場合、
見直しを検討してください。

そのためには商品価格やサービス、商品構成、オペレーションを
どうしなければならないのかを考える。


アルバイト・パートスタッフのがんばりを
店長がしっかりと観て認めて店舗の実績を考慮して報酬を与える。
経営者は店長の店舗の実績をみて店長に報酬とスタッフへの報酬権限を与える。


スタッフが良い仕事をすればお客様にも喜んでもらい
売上も上がり、そうすることで店長に実績により
報酬権限が与えられ、店長がスタッフに付与していく。


こうすることでスタッフは、自らの取り組みを評価されつつ
お店の売上を上げることでお店への愛着も生まれていきます。

自分の待遇とお店の業績が関連されるので。


人手不足は人を増やしても根本的な解決はしない。


解決するのは帰属意識を高めることだけ。
帰属意識を高めれば優先順位が上がります。
優先順位が上がれば、学業より優先してくれる時もあります。

あまり良くはないかもですが、
スタッフの将来どこでも通用するように
育てることが重要と思います。

今日は改めてあなたのお店で帰属意識を高める方法を考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら