ステップアップ成長思考

坪月商50万超の飲食店から今あるべき飲食店を考える

毎月購読している月刊食堂さんの2022年1月号の特集が
新春恒例 大ヒット店詣で30店 坪月商50万円超の怪物店 2022年版
でした。
 
月刊食堂 2022年1月号
https://amzn.to/3rhRbo5
 
6年前の坪月商の店舗と比べると
だいぶ変わりましたので書かせていただきますね。
 
6年前の坪月商50万円超の怪物店は
主に居酒屋業態がメインでした。
 
そして、原価をかけて魅力的にして月商を上げているお店が多いです。
原価40%とか50%とか。
そして人件費を20~25%で
利益を10~15%程度出すような収益構造でした。
 
そして、今年のお店を見ると
居酒屋業態は少なくなり、
テイクアウトメインのお店が多くなり、
イートイン業態では「立ち」業態がメインとなっております。
 
収益構造も原価を高くしているところは少なく
高くても35%程度、
人件費も25%程度が多く見られます。
FLで60%ですね。
 
そして、テイクアウト・デリバリーも行っているお店では1割~と
収益の支えになっているようです。
 
これらに見られる特徴が
滞在時間の短いお店ということです。
 
今までは滞在時間を長く楽しんでもらって
客単価アップして満席状態にしていました。
ですが、現状は滞在時間がかなり短くなっております。
 
これはあなたも感じていると思います。
2時間で食事をしていたお客様が1時間ちょっとで会計をされる。
 
小島個人としてはすごく悲しいことです。
 
ゆっくりと食事とお酒を楽しみながら
人と話して過ごすのが飲食店だと思います。
 
ですが「今は」それがしにくい情勢になっています。
人の気持ちが「コロナだから」と抑制しています。

そうなるとどうしても席は空きやすく、
お店はお客様が少なくなり寂しくなります。
 
飲食店は時間を忘れる場であって欲しい
 
これが小島の想いです。
 
 
なのであなたのお店は、
ほんのひと時でも
お客様が時間を忘れる時を演出・提供しているかどうかを
考えてみてください。
 
○ィ○ニーランドでも時間を忘れますよね。
ゲームでも時間を忘れますよね。
そんな時間を忘れて過ごす時間をどうやってお客様に提供できるか
今日はこれだけをやってみてくださいね。

それにしても 
坪月商50万円超の怪物店、凄いですよね。
FLR以外の部分も詳細のっていますので
ぜひ、買って自分の目でみてくださいね。
 
月刊食堂 2022年1月号
https://amzn.to/3rhRbo5

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら