売上アップ(店内販促)

【明日から使える!】お客様の目線を意識したちょっとした配置術

「何で貼ってあるのに誰も見ないの?」

こうしたことは飲食店で働いていれば思ったことあるかと思います。

例え、入り口のドアに貼っていたとしても、
人は自分が見たいもの以外は見ないものです。

それでも少しでもみられるようにするには
お客さんの目線を意識することで改善します。

「ここを見て欲しい!」
と思ってそこにいくら貼ったとしても見ないものです。

なのでお客さんの目線の動きを考えて配置します。

お客さんの目線高さで考えて入り口でドアを開ける時に
ドアノブを見て、
そこから進めばよいと思う方向を見ます。

それが入り口によって奥を見るのか
内側を見るのかお店によって
変わってきます。

例えば、ラーメン店なら
入り口に入ったらまず、券売機を探します。

なので奥はあまり見ません。
入り口近辺で券売機を探すためにキョロキョロします。

ファストフード店も同じですよね。

しかし、これが居酒屋業態なら
入り口周辺を見ないですよね。

どこに座ったら良いのかをまず見ます。

そのために空席をみたり、スタッフのいる方を見たりします。

席に案内されて座る時、どこを見るのか?

トイレを探す時はどこを見るのか?

追加しようとしている人はどこを見るのか?

会計をしようとしている人はどこを見るのか?

お客さんの目線の動きを真似してみてください。

そうすると、「追加しようとしている人はこの壁を見るな。」
「ファーストオーダーを注文しようとしている人はここを見るな」

など伝えたいことを伝えられる場所を見つけることができます。

そこに伝えたいことを配置すればOKです。

そして、貼る時のポイントですが
只のA4コピー用紙に書いて貼るのではなく
4辺を赤で縁取ったり、
写真を貼ると時に飛び出して貼ったり
周りを切って丸にしたり、
加工すると単なる紙を貼るだけより
良く観られます。

お客さんに伝えようという意思を感じますので。

もうひとつポイントとして
数か月も貼りっぱなしにしないということです。

ずっと貼っていると見えるものも見えなくなります。

風景化というやつですね。

なので1か月に1回は貼り紙を変えるようにしてみてください。
これをやると壁紙の色もそこだけ白いなども無くなりますので
一石二鳥です。

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら