集客(店外販促)

今年はどうする?恵方巻

恵方巻。今年は木曜日ですね。2月3日。
方角は北北西。
こちらの説明がわかりやすいですね。

恵方巻きの方角は?2022年節分はいつ?由来・食べ方のルールを知り開運!
https://allabout.co.jp/gm/gc/220582/

こちらのサイトにはこう記載されております。

恵方巻きの食べ方作法・ルールは?
節分に食べる恵方巻きの特徴は、何と言ってもそのユニークな食べ方でしょう。まずは一般的なルールを説明します。

・太巻きをひとりにつき1本準備する 福を巻き込む巻き寿司なので、縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけません。
・恵方を向く その年の歳徳神がいる方角で、何事も吉とされている恵方を向いて食べます。
・願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる しゃべると運が逃げてしまうため、食べ終わるまで口をきいてはいけません。さらに、目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあります。

引用元:All About様  https://allabout.co.jp/gm/gc/220582/

良いですよね。
福を巻く。
というキーワード。
 
このキーワード。
あまり使われていないようなので
ぜひ、使ってみてくださいね。
 
そして、恵方巻。
今年はやりますか?
 
恵方巻というとイメージとして
「ブームに乗っかっている」
「単なる販促」
ととらえがちですが
こう考えてはいかがでしょうか。
 
お客様と接するチャンス。

今、お客様と接する、対話する、連絡を取る。
これができていないお店多いのではないでしょうか?
 
そうした時、どんなことであれ、
お客様と接する機会として
コンタクトをとれるチャンスを逃す手はないと思います。
 
これを表面上の販促と考えれば、
恵方巻をやる必要ないと思います。
 
しかし、これをお客様とコミュニケーションをとるためと
考えると全く考えは変わると思います。
お客様を笑顔にできるチャンス。
 
こう考えてみていたければと思います。
あと2週間ほどなので
恵方巻を販売される方は、今日すぐに動いてくださいね。
何も具材は海鮮である必要はないので
笑顔になる福を巻いてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら