メニュー改善

商品数を「安全」に削る分析方法はコレだ!

こんにちは!

個人飲食店の味方

飲食店みぎうでサポート

小島です(^O^)

昨日の続きで

どう分析するか?

という話で

ABC分析を二つ重ねた分析

クロスABC分析を使用します。

通常ABC分析は

例えば
売上のABC分析。

販売個数のABC分析。

ですね。


そもそもABC分析って何?

という疑問があると思います。

重点分析と言われるABC分析とは、

構成比率の高いものから順に並べて

上から構成比の累計が
70%までをA、
70~90%までをB
90~100%までをC
というようにランク付けをして
項目の重要度を分析することです。

  • 商品名     売上    構成比  累計構成比
  • 鶏そば     4000   50%      50%      A
  • 醤油ラーメン  1600   20%     70%      A
  • 塩ラーメン   1600    20%     90%      B
  • 味噌ラーメン  800     10%     100%      C

このように

Aランク商品

Bランク商品

Cランク商品

と三種類に分けるわけです。

ここでパレートの法則という2:8の法則を考えます。

全体の8割の売り上げは2割の商品で出来ている。

この場合8割で区切ると境目周辺が微妙になるので

7割9割で区切っているわけですね。

これがABC分析なのですが、

飲食店の場合使うべき項目は・・・

総売上

総粗利金額

です。

まず、必要なデータは

直近三ヶ月の

各商品の

  • 単価
  • 販売個数
  • 原価

です。

ここで、原価わからない方、多いと思います。

この機会にぜひ、原価計算してください。

その時に一度やっておくといいのが、

各食材の10gの金額を計算しておく。

そうすることで

商品の食材を計量するだけで

原価を割りだすことができます。

なので一度、各食材の10gの金額を計算しておきましょう。

そして、原価をだす。

販売単価・販売個数・売上・粗利・総売上・総粗利の表を

Excelで作る。

これから総売上と総粗利の構成比%を出して

多い順に並べていく。

優先順位は粗利です。

そうしてこのような表が出来上がり

ここでB商品はAになるように戦略を立てる。

Cは意味ある商品なら残し
ないなら削る候補にする。

そしてCをB、もしくはAに引き上げるように考える。

これをすることで実際の勘ではなくほんとうに

お店に貢献している商品がなにか?

そして、削るべき商品が何なのか?

判断できるのです。

勘ではなく。

というより

勘だけではなくより精度を高めよう!

ということです。

勘で勝負していたらスタッフも不安で

怖いですよね。

経営者は船の船頭なので

明確に行動しましょうね。

それでは、

成功への階段いっしょに上りましょう!

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら