メニュー改善

手書きメニューのポイント① ~文字の大きさに3割のメリハリ~

店内の手書きのメニューや店頭のA看板。
文字の大きさがとても重要なので最初にお伝えさせていただきます。
 
文字の大きさは意外と意識していないで手書きのメニューを作成していることが多いと思います。
 
書く前にまずはそのページは何のページなのか?

これを考えてから書き始めないと伝えたいことが伝わらないことになりかねません。
 
例えば、「本日のおすすめ」の手書きメニューでしたら
伝えたいことは
「本日だけの特別なメニューがある」
これが伝えたいことですね。
 
なので一番上に大きく書く必要がありますね。
 
次に大きく書くのはカテゴリーですね。
カテゴリーは
・おつまみ
・ご飯もの
といったものや
商品そのものをカテゴリーにする場合もあります。
 
「当店名物!絶品麻婆豆腐」

実際に小島がカテゴリーにしていました。
 
そして商品名が次の大きさで
最後の大きさは商品説明や補足などの情報。
 
1.何のページかを伝える見出し
2.カテゴリー
3.商品名
4.補足・説明
の4段階で
グランドメニューなどは1が表紙にあたるので
なので3~4段階と考えていただければと思います。
 
そしてこのそれぞれの文字を大きさにメリハリをつけなければ、読みにくいレイアウトになってしまいます。
 
なのでそれぞれの大きさはこのような感じで差をつけます。

1.何のページかを伝える見出し
↑3割増しの大きさ

2.カテゴリー
↑3割増しの大きさ

3.商品名
↑3割増しの大きさ

4.補足・説明


まずはこのように文字の大きさに3割のメリハリをつけて手書きメニューを作成してみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら