店舗運営の豆知識

営業すべきか否か?緊急事態宣言中の飲食店

#東京都緊急事態宣言 、4月29日~5月9日で調整。。。
ゴールデンウイークの旅行する方は少ないとの報道ありましたね。
テレビで撮影しているので本当は行く方でも
行かないと言いますね。
 
こうしたことから、何が真実なのかはテレビ・マスコミからは
わからにということがわかります。
 
実際にゴールデンウイークは #レンタカーはほぼ満車。
実際に検索してみました。
公共交通機関はさけて
車で近場へは旅行にいくということです。
 
なのでゴールデンウイークは
住宅街や自然を感じる場所では
#SNSで営業していることを発信することは大切 だといえます。
 
でも、大阪の緊急事態宣言の案次第では
営業しても良いけどアルコールは提供しちゃだめ
となると、かなり厳しい。。。
こんな施策をしたらコンビニで買って外飲みが
増えるだけでやるのなら
#全面休業で補償をしっかり としていただきたい。
 
この中途半端な要請だったら #休業も検討しなければならない と思います。
休業した場合とお酒なしでの営業した場合の
メリットとデメリット。
これを考えなければならないです。
 
休業した場合考えられるものとしては

デメリット
・売上がない→キャッシュフローが悪化
・お客様に忘れられやすい
・スタッフのモチベーション低下
・スタッフのオペレーション力低下

メリット
・リスクの軽減
・お客様に無理を言わなくて済む
・緊急事態宣言明けの戦略を練れる

こんなことを考えられると思います。
 
で判断基準は、
#キャッシュフローでまずは考えること。
どんな想いがあっても
#キャッシュが尽きたら営業できなくなります。
 
今回の協力金が貰える日。
早くて6月中旬くらい?~7月になるかと思います。
 
それまで、前回の時短営業協力金でキャッシュが回るのかどうか?
これを今日は考えてみてくださいね。
それから、他のメリットとデメリットを比較して
どうするのかを考えてみてくださいね。
 
小島個人的には、より要請を受け入れないお店が多くなり
より人が集中して密になると思います。
通常営業して罰金を払ってでも営業したいお店もありますし
#お店によって様々な事情がある ので何が良し、
何が悪し、でないと小島は思います。
 
自分がお店を始めたきっかけ・理由も思い出して
何をすべきか考えるのも良いかと思います。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)
#飲食店
#営業すべきか否か
#緊急事態宣言

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら