ネット販促(SNS・Google・ホームページ)

お客様を拒むマイナスに働く販促とは?

「販促を行えば売上があがるもの」
そう思い込んでいませんか?
 
販促は何も売上が上がると確定しているわけではありません。
むしろマイナスに作用する販促もあります。
お金をかけて良かれと思って始めた販促も
間違えればお客様を遠ざけてしまうものもあります。
 
お金だけでなく精神的ダメージが大きいと思いますので
下記を読んで早めのチェックをしてみてくださいね。
 
信じたくないけれど実際にあるのが
お客様を拒む販促。
 
例を挙げるとわかりやすいと思いますので
いくつか挙げさせていただきますね。
 
 
①店頭看板に少ない客席数表示
ファストフード店や喫茶店などに○○席と
記載されているものをそのまま真似て
16席など店頭に少ない席数を表示していませんか?
 
単なる席数表示でなく、
プラスに感じる要素なら表示する。
そうでない場合は表示しない方が良いでしょう。
 
②埃の被った店頭看板やポスター
汚れや埃、破れ、破損した販促物は
それだけでマイナス要素となります。
 
「勿体ない」
とガムテープで留めたりせずに
すぐに交換しましょう。
7000円程度のイーゼルをケチって
何人の来店を遠ざけてしまうのか
考えてみてはいかがでしょうか。
 
経営判断はメリットデメリットの
どちらが大きいかで判断することを
オススメいたします。
 
③商品の魅力が乏しいサンプルやポスター
折角結構な費用をかけたサンプルやポスターも
その商品の魅力を伝えられない、
もしくは商品のマイナス要素を伝えてしまう販促物は
あるより無い方が集客の邪魔をしないので
プラスに働く場合もあります。
 
ボリュームある商品を好む客層にあてた商品なのに
サンプルが少なかったら、
「お腹いっぱい食べたい」という欲求に対して
満たすことができない商品と伝わってしまいます。
 
なのでこの場合、サンプルを撤去もしくは
ポスターでシズル感のある写真に差し替えた方が
集客につながります。
 
販促は全てが集客につながるわけではないことお分かりいただけたと思います。
あなたのお店を客観的にみてみて
マイナス要素を発信している販促はないかチェックしてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^ 

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら