商品開発(ドリンク)

内装に合わせた商品開発

料理と内装のミスマッチ。これが起きると顧客満足度の低下や
付加価値の無駄遣いとなり、コンセプトのブレを生じかねないといえます。

おはようございます!
飲食店のコンサル・実践運営アドバイザーの小島です。

昨日の記事、
料理・接客・雰囲気・食器・看板などすべてはコンセプトに従おう
でもお伝えしましたが、お店を構成する要素は
コンセプトに従います。

内装もコンセプトに従い、
商品もコンセプトに従う。

よって内装がターゲットA層なら
料理も同じターゲットA層となります。


例えば、ミスマッチがおきている例としては

大衆酒場の内装なのに
盛り付けがフレンチ。

大きいお皿に綺麗に少量。


これではお客さんは「なんだこれ?」
と感じ、求めていない付加価値を提供され
価値の減少を引き起こしてしまいます。


落ち着いた雰囲気で

いくらを「よいしょ~」と盛り付けるつっこ飯を提供されても

「静かに食べたいのに・・・」
と折角の価値が台無しになってしまいます。


なので内装に合ったメニューを考える前に

コンセプトにそれぞれが準じているか?

そして、コンセプトに必要な顧客に最適な内装、商品なのか?
を考えると良いといえます。


家族での利用を最重要としているのなら
オシャレな料理よりボリュームかもしれません。

デートや流行りもの好き、バズらせることを優先するのなら
インスタ映えする変わった商品も必要です。

気軽に利用できるように一人客をメインターゲットにするのなら
盛り付けの綺麗さ華やかさより、スピーディーに提供できる
小皿料理をメインに欲しいとも考えられます。


内装も
大衆なのか高級なのか
回転率が速いのか遅いのか
ターゲットに合わせて、決める必要があります。

なのでコンセプトだけを変更しても意味がありません。

内装や料理などお店の構成要素を
コンセプトに沿って整えていく必要があります。

この際、できるだけいっぺんに直した方が

「おっ、変わったな」

と感じやすく効果も大きくなります。


商品を内装、雰囲気に合わせるのは
コンセプトに合わせることでもあり、
ターゲットに合わせることでもあります。

今日は既存の商品がコンセプトに合っているか?
これをチェックしてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら