スタッフ教育・チームビルディング

あなたのお店は定休日を無くせますか?

今、多くの個人飲食店は定休日があると思います。
あなたのお店は定休日がありますか?
 
そして、例えばもし明日から定休日を無くすとなった場合に
それは可能でしょうか?
 
これは簡単に属人化しているかどうかのチェックです。
 
もちろん、毎日オーナーシェフがいるお店なら
定休日は必須ですし、週休でしたら
出来る限り営業時間を短くしたり
定休日を増やすようにするべきだと思います。
 
決して楽をすることを勧めるのはなくて
「空いた時間を商品開発や新しい食材発見、
そして繁盛店視察に使おうよ。」
ということです。
 
今まで11時~15時、17時~23時の営業時間で
仕込み入れるとを10時~15時、16時~23時の12時間を
店舗営業に費やしているのを
14時~23時の9時間にして浮いた3時間で
もっとお店をブラッシュアップするために使おうということです。
 
店舗営業99:商品開発視察:1
だったのを
店舗営業80:商品開発視察:20
のようにしようよ。
ということです。
 
なぜこんなことをいうのかというと
 
「いくら我武者羅に頑張っていても頑張る方向が間違っていたらそれは成果が出ない」
 
からです。
 
 
例えば目的地が富士山の山頂だとして
海に向かって歩いていたら
いつまでたっても目的地には着かないですよね。
 
でもこの当たり前のことですが
実際には似たようなことをしてしまっています。
 
例をもう一つ挙げると
知らない場所に行くとき、地図や検索で行き方を調べますね。
行き方を調べないで我武者羅に勘で出発はしない。
 
ですが店舗営業99は同じようなことをしているのです。
 
地図を見て検索して
どうやったら一番スムーズな行き方なのか?
ちゃんと目的地にたどり着ける方法はこれで合っているのか?
 
この部分にエネルギーをもっと割こうということです。
 
始めのうちは
店舗営業99:商品開発視察:20
のように120%力を注ぐことになると思いますが
これを
店舗営業90:商品開発視察:20
      ↓
店舗営業85:商品開発視察:20
      ↓
店舗営業80:商品開発視察:20
 
というように段階的にバランスをとれるようにしていくことが
とても重要かと思います。
 
そして、これがもっと進むと

店舗営業50:商品開発視察:50

のようになると店舗営業をスタッフが問題なくでき
そうすると定休日を無くせるようになります。
 
今日は改めて
今の進むべき道は合っているのか?
そして、店舗営業と商品開発や視察のバランスはとれているのか?
これを考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら