スタッフ教育・チームビルディング

飲食店は求人と教育はセットで考えよう

人手不足で苦しみついつい意図せずに安易な求人をしてしまっているお店が多いと感じます。
「とりあえず、誰でもいいから来て欲しい」
ということが求人広告にもでている場合があります。
 
これは小島は十分気を付けた方が良いと思います。
 
それはなぜかというと
求人と教育はセットだからです。
 
教育は求人から始まっています。
飲食店に向かない人は
どんなに教育しても向かないと小島は思います。
 
どんな人でも向き不向きはあります。
それを無視したり、事実と向き合わないで
行ってもお互いに良い結果は生まれてきません。
 
向き不向きは業態によっても変わります。
 
例えば、チェーン店のように流れ作業で行うお店でしたら
一つのことをやり続ける人にとって向いています。
 
しかし、個人飲食店のように
ひとりがいくつもの業務を行わなければならない
しかも臨機応変に、対応することが求められる業態だと
黙々と行うことが得意な人にとっては
向かないと思います。
 
教育で上手く進まないということは
そのお店の求めているものとの相性が合っていないということです。
 
これをその人にあった業務だけを
行ってもらうことが出来れば良いのですが、
個人飲食店はそのようなポジションだけでは
成り立ちませんよね。
 
なので求人の時から
その向き不向きがズレないようにしなければならないです。
 
「誰でもカンタン」

という求人を良く見かけますが
この「誰でも」は、実際には当てはまらない人も多く存在します。
 
ですが、「誰でもカンタン」と記載していると
そうした複数が苦手な方でも
「自分でも大丈夫なんだ」
と思い応募してきます。
 
そうなると雇用した後に
そのスタッフも「うまく仕事ができない」と自信を無くし
お店も「うまく育てられないし、お客様にもご迷惑をおかけしてしまっている」
と悩みます。
 
自信を無くすことは、とても避けたいことといえます。
その業務や仕事がただ合わないだけなのに
自分個人全体の自信を喪失してしまいます。
 
なので勤務する前に雇用する前に
そして求人する時に
あなたのお店が求めている人物像をしっかりと告知することを行ってください。
 
 
勘違いしないでいただきたいのですが
あくまで
お店でお客様が喜んでもらえるようにするために
人を雇用するのであって
求人数を増やすために求人している訳ではありません
 
 
人の苦労は一番の苦労だと思います。
小島も今までとてもたくさんの人の苦労をして
そしてそこからたくさんの学びを得てきました。
 
人が足りない時、どうしても焦りが先に立ち
「一刻も早くその状況から脱却したい!」
と思い、人を入れることだけに注目してしまいます。
 
ですが焦りの状態にいる時こそ
今の状況を第三者の目線で少し遠くから見るようにして
雇用した後のことを考えて求人してください。
 
あくまで求人と教育はセットなんだということを忘れないように。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^
 
何かご相談有りましたらご相談くださいね。

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら