スタッフ教育・チームビルディング

お客様のためにも目分量から脱却しよう

スピード提供には必須の目分量。
これは小島も実際に営業している時
ごく当たり前に行っていました。
 
目分量は同じ人が行い続けるのなら
良いのですが、それが出来ないことがあるのなら
目分量から脱却しなければなりません。
 
基本はg計量を1日数回行うことが多いですが
食材によっては本数や個数で設定します。
 
例えばラーメンのメンマ。
大きさが均一な穂先メンマなどは
本数で設定した方が良いでしょう。
 
色付けのトマトなども個数ですよね。
 
g設定が良いものはタレなどがあります。
少量でも大きく味のブレが出てきてしまうので
レードルで測っても同じ30mlでも
表面張力しているものと
本当に摺り切りでは大きく変わってしまいます。
 
また、目分量でおこなうデメリットとして
人によって盛りが異なり
サービス精神旺盛なスタッフの場合多くて
次回が定量盛るスタッフが提供した場合
お客様からしては、
「前回より少なくなった。。。」
と感じてしまいます。
 
なのでお客様のためにも定量を提供する必要があります。
 
これが毎日同じ方が盛るのなら目分量でも対して誤差は無くなります。
ですが定期的に計量しないと少しずつズレが出てきて
経営を圧迫する高原価の原因にもなりかねません。
 
お客様に伝える盛りすぎ
例えば、「○○さん、今日楽しそうだからメンマ大盛りサービスしておいたよ。」
はとても大事ですが
お客様に伝えない多く盛ることは
単なる自己満足に過ぎません。
 
「お客様の喜ぶ顔を見たいから。。。」 
全てのお客様が望んでいるのでしょうか?
 
それを行うことで原価が上がり
結果、値上げをすることになったり
他の食材のポーションを減らすことになるかもしれません。
 
またはスタッフのシフトを減らす必要が出てくるかもしれないです。
 
自己満足でないポーションの均一化。
それはお客様のためでもあり、スタッフのためでもあります。
 
なのでできるだけ複数スタッフが行う業務は
均一化できるように目分量から脱却してみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら