スタッフ教育・チームビルディング

ラストオーダーのギリギリ入店の迎え方を徹底しよう

ラストオーダーの直前、もしくはラストオーダーちょっと過ぎた時の
対応、お店によってまちまちかと思います。
 
この対応で再来店してくれるかどうかにも
大きく影響してしまいます。
 
小島のおススメは
ラストオーダーを21時にしているのなら
実際にお客様を受け入れる時間は21時5分までとい
店舗ルールにします。
 
21時5分までということは内部的なラストオーダーにします。
そして、ラストオーダー間際の来店のお客様には
快く入店していただき
ラストオーダーの時間をお伝えする際
時間短くて申し訳ないことを伝え
できるだけ早く料理を出すことを
お伝えします。
 
そして、ラストオーダーも
例えば、〆のものはもう少し後でも大丈夫と
先にフライヤーなど片付けが時間かかるものだけ
ラストオーダーの時間に注文をしめます。
 
お客様もいっぺんには食べられないし
調理側も全部同時にはできませんので。
 
スタッフの労働時間もありますので
簡単にラストオーダーは伸ばせませんが
できることは色々あると思います。
 
大事なのは「早く帰りたい。。。」
とスタッフ都合でラストオーダーの対応をしてしまう
そんな風土をつくらせないことにあります。
 
ラストオーダー間際の入店でも
せっかく来店していただいた
お客様を大事に出来ないのなら
それは商売としてどうなのかと小島は思います。
 
「月の目標売上まであと数千円足りなかった・・・。」
 
ということもあると思います。
そうした時、ラストオーダー間際のお客様への対応を
思い出してみてください。
 
そして、そのお客様を快く受け入れて
再来店していただければ、
リピートしていただいて常連様になっていただいたら
LTV(ライフタイムバリュー)はどれだけ大きいのか。
 
何度もお伝えしますが
目の前のお客様を大切にすること。
この王道を改めて考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら