メニュー改善

知っていますか?壁POPの効果的な考え方

こんにちは!

個人飲食店の味方

飲食店みぎうでサポート

小島です(^O^)

今日は

壁に貼る

「壁POP」

の考え方です。

red machineさんによる写真ACからの写真

上の写真みたいに

店内に商品のPOPを貼ったりしますよね。

その時、

どんな効果を狙って貼っていますか?

なんとなく貼っている。

期間限定メニューを貼るものだと思っている。

取引先支給のPOPを貼っている。

いろいろ出てくると思います。

ただ、何も考えず壁にPOPを貼っても効果はうすいです。

それはそうですよね。

ジムにいって何にも考えずに筋トレするのと

トレーナーに教わりながらどうすれば

筋肉が効果的につくのか考えながら

筋トレするのとでは

効果が全く違いますよね。

それと同じで

1.POPもどうしたら効果がでるのか?

2.そもそも、何のためにPOPを貼るのか?

を考えていきましょう(^O^)

2.を考えていくと

 A.客単価を上げるため。

 B.お店のこだわりをしってもらうため

のおおまかに2つに分かれます。

なのでよくあるビールやハイボールのポスターは

意味がないのがわかりますね。

ビールやハイボールはどこのお店でもありますよね。

だから、わざわざポスターみて

「あっ、ビールあるんだ頼もう。」

と思う人はいないんですね。

ビールメーカーさんは出数を増やすためにポスターを貼ってもらっているのではなく

同士のシェア争いに勝つために

認知度をあげて

今うちのビールが人気なんですよ。

と言ってシェア拡大したいのです。

あくまでお店が繁盛するためのポスターではないのです。

かと言って最近のメーカーさんもこれまでのやり方は通用しないのが

分かってきたので販売支援に力を入れてきましたが

あくまで自社のためなのは念頭に置いておいた方がいいです。

2.のAを考えると・・・

客単価を上げるには

 価値ある高額の商品を売る

  トマホークステーキなど

 価格が比較的お手頃で追加商品を売る

  こだわりのドリンクや餃子・唐揚げなど   

ですね。

そして、Bを考えると・・・

 こだわり、

 食材 ・お米は○○の○○を使用しているから○○していて美味しい。

 年数/製法 ・たれは自家製で○○年かけて継ぎ足ししてきた深いコク。

 差別化 ・テレビで紹介されました!当店名物、日本一大きい○○。

などがありますよね。

何のためにがわかると

1.POPもどうしたら効果がでるのか?

がわかってきます。

客単価を上げるなら

トマホークステーキを食べたいと思う人はどんな人だろう?

トマホークステーキを食べたいと思う人はどんな状況だろう?

トマホークステーキを食べたいと思う人はどうしたら喜ぶだろう?

トマホークステーキを食べたいと思う人は・・・

と考えていきます。

餃子なら、唐揚げならと自店舗の商品と置き換えて考えてみてくださいね。

こだわりも同じで

このこだわりはどんな人が興味あるだろう?

このこだわりはどんな人の不安を取り除けるだろう?

このこだわりはどんな人がお友達に自慢げに話せるだろう?

とひとつずつ書き出してみてください。

そして、このことをどうしたらお客様に伝わるのか?

次に考えたキャッチコピーや文面、写真やレイアウトは

そのお客様に興味を持ってもらえるのか?

を考えると壁POPの効果が全く変わってきます。

「あなたのためにこのPOPを作りました!」

という考えでつくってくださいね。

すべてのことに共通するのですが

「目標に対して行動のステップを

細かく設定して

ひとつずつ実行していく!」

これにつきます。

このことは次回にでも~(^^)/

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら