お知らせ

販促をお店都合で考えるから上手く行かない

待っているだけではダメだと気づき、販売促進を重要視しているお店も増えてきましたが
中々成果が出ないお店が多いことが飲食店全体の魅力を下げてしまっている。
その原因はお店、会社都合で販促を考えていることにあります。

おはようございます!
飲食店のコンサル・アドバイザーの小島です。

多くの競合店がいる飲食店。
外食産業だけでなく、中食もライバルであり
ただ待っているだけでは
情報量の多い現在では埋もれてしまい、
忘れ去られてしまう。

そのことに気づきあなたも販促を行っていると思います。


その販促。

上手く行かない理由は、たったひとつだと小島は考えています。


それはお店都合で考えている販促だから


販促は何のために行うのか?


販売促進をしてお客様に喜んでもらう。
お店に来店してもらい笑顔になってもらう。

そうすることでお客様の人生が少しでも良くなるように。


この考えが本来基本なはずです。


ですがいつしか販促は、
利益を出すために、売上を上げるために行うものという
イメージがついてしまったと思います。


この利益を出す、売上を上げるというのは
副産物であるはずですが
これが目的になってしまった販促がとても多いといえます。



販促→お客様→喜ぶ→お店→売上アップ→結果利益が出る

この順番なはずですが


利益を出すために→売上アップ→販促


という考えになってしまい、

お客様が抜けた販促をしてしまっている。



こうなると上手く行かない。



こう考えるとわかりやすいと思います。


誕生日プレゼントを購入する場合
相手のことを考えてプレゼント選びをしますよね。

だから相手は喜びます。



これを相手のことを考えないでプレゼントをしているのと同じことを
販促で行っているのです。



販促を考える時はまずはお店都合、会社都合は
一旦おいておいてください。


あくまでお客様が喜ぶか?笑顔になるか?楽しくなるか?


ここだけを考えて販促計画をたててください。



会社都合やお店都合はその後、
その販促を行うことで
その時、利益が出なくてもファンになってもらい
年間でしっかりと利益がでるならOK

その販促で1回限りしか来店無くて
年間で利益にならなければOUT


こうした考えで小島は基本考えます。


最終的にしっかりと利益が出て儲かること。


ですがアイデアベースではお客様から考えないとダメです。
そこに会社都合、お店都合が入るといいアイデアなんて出ないですから。

お客様から考えて
その後に利益から考える。

この流れで販促を考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら