お知らせ

取引先との信頼関係はできていますか?失敗しないための取引先変更のポイント

様々な価格が上がっている今、仕入れ先の見直しも進めている飲食店は多いと思います。
しかし、見直しの方法を間違えると中長期的には大きな失敗を招いてしまいます。

おはようございます!
飲食店のコンサル・運営アドバイザーの小島です。

当り前ですがビジネスに信頼関係はとても重要です。
ですが本当に信頼関係を大事にしているかどうかといえばいかがでしょうか?

仕入れ価格の値上げで取引先を変更する。
ちょっとのミスで取引を中止する。
思い通りにならないので取引を止める。

こんなことをしていては人も取引先もどんどん離れてしまいます。

まず、仕入れ先の見直しですが
価格だけで取引先を変更するのは小島はお勧めいたしません。

価格はその時の情勢で変化します。

そして、価格には流れがあり
流れに逆らう価格は継続はできません。

例えば、「今より安くしますよ」と言って
新規契約すると、その半年後に値上げのお知らせがきて
結果1年後には前と大して変わらない価格になります。

これは小島が長年飲食に関わってきて本当に多いです。

なので価格だけで取引先を変更することはお勧めしません。


ではどんな場合なら取引先を変更することを検討しても良いかというと、

その取引先でないと出来ないことが必要な場合です。



例えば、
スープに合った麺の製造が現状の製麺屋さんでは対応できない場合や

仕込み軽減のために店舗独自の精肉の加工を対応の可否など

既存の取引先が対応できない場合です。



今まではモノが溢れている時代でした。


しかしこれから長期的にみると
欲しいモノが手に入らない時代にもなってくると思います。

食材も部品もいつでも好きなもの必要なものが手に入る訳ではない。


そうした時代に入りつつあることを考えると
取引先との信頼関係が重要になってくると考えられます。


価格だけであっちいったりこっちいったりしていては
信頼など築けるはずもなく、ビジネスの継続は困難といえます。


目先の利益を追ってばかりいると、
ずっと振り回されて、
疲れ果てて、
そして周りには誰もいなくなります。

近寄ってくるのは、利用とする者だけに・・・。


今日は取引先との信頼関係について考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら