集客(店外販促)

あなたのお店は大丈夫?入店を邪魔するファサード

ファサード=建築物正面部のデザイン、いつも気にしていますでしょうか?
本来ファサードは入店を促すためにあります。
でも、今の現状は、入店を邪魔するファサードになっています。
 
今日はそんなお話をさせて頂きますね。
 
開店当初は、すっきりしたファサードで
余計なものはなく入店を阻害するものはありません。
 
ただ、営業を重ねる毎にお客様に伝えたいことが増えていき
結果入店を阻害する要因を増やしていくことになります。
 
特に今はコロナ関連の情報が多いので
より気を付けなければならないといえます。
 
例えば、中が見えるガラスドアにコロナ関連のPOPを貼って
折角の活気ある店内が見えなくなってしまったり、
店内の状況、盛況感がわかる窓ガラスをたくさんのポスターで
見えなくなっていたりします。
 
路面店のメリットである通行人が店内の様子がわかること。
 
このメリットを活かせていないお店もあります。
これは非常にもったいないですね。
 
ひとつ付け加えておくと、
店内の様子がわかる≠外から丸見えでお客様が落ち着かない
です。
 
目線の高さをすりガラスにしたり、
ガラスにお洒落な文字を書いたりして
心理的に見られていない感じにすることもできます。
 
業態・コンセプトによっては、
あえてフルオープンして
一切の目隠しもしないで、
活気と町との一体感を出すことも行うこともあります。
 
それだけ、ファサードは出来るだけ情報を減らす必要があります。
 
入店に際し、必須なのは下記の3つ。
・営業中であること
・予算感がわかること
・業態、何屋かわかること
 
おまけで
ウリの商品やイベントポスター、
閉店中の間に知らせる営業時間、定休日、
コロナ関連情報
 
コロナ関連でも消毒などはどこでも行っているので
わざわざ入店前に大々的に知らせる必要はないと
小島は考えております。
 
認証店
 
これだけで良いと思います。
そして、ファサードの入店阻害要因を取り除く時、
小島が推奨する方法はこちらです。
 
まず、いっぺん全ての情報を取り除いて、
いったん横に置いておく。
 
それから本当にファサードに
なければならないものだけ再配置する。
 
この流れでファサードを改善する。
今日は年末に向けて、入店を阻害する要因を取り除いてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら