集客(店外販促)

新規客を増やす店頭改善術

飲食店はリピートを増やすことは最重要課題となりますが、
新規客も増えなければ次第に客数は減っていってしまいます。

引越しで仕方なく来店できなくなってしまう人は

  • 移動者の市区町村間移動者数は72万7671人と、前年同月に比べ5万2578人(7.8%)増加。
  •  移動者の都道府県間移動者数は39万9465人と、前年同月に比べ2万8207人(7.6%)増加。
  •  移動者の都道府県内移動者数は32万8206人と、前年同月に比べ2万4371人(8.0%)増加。
統計局HPより

そして転勤も含めると何もしなくても数パーセントは
常連さんであっても離れてしまいます。

実際に肌感でも常連さんが仕事の都合、引っ越しなどの事情で
「もうこれなくなっちゃう」
と聞くことは多いと思います。

そして、リピート客も元は新規客でもあるので
新規客を増やし続けることは、リピート客を増やすことにも繋がります。

なので店頭であるファサードはとても重要といえます。

ファサードで小島が大切にしていることは

「お店に入りやすくなっているか?」

です。

路面店でも空中階でも商業施設内でも
入りやすい雰囲気になっているか?

ここにフォーカスして観ています。

新規客が少ないお店は得てして
入りにくい店頭になっていることが多いです。

毎日見られる店頭こと
新規客獲得に最大の影響を与えます。

例を挙げると
店頭でチラシ配りをする場合でも

Ⓐ 無表情でチラシを配っている場合
Ⓑ 笑顔で一歩踏み出して「よろしくお願いいたします!」と配っている場合

どちらがチラシを受け取って入りやすいでしょうか?

店頭が暗くいお店と
店頭が明るいお店。

店頭を通ると「こんにちは!」と笑顔のスタッフがいるお店と
無表情で目が合うスタッフのいるお店。

店頭に蜘蛛の巣が張っているお店と
隅々まで綺麗な店頭のお店。

店頭に美味しそうな写真と他では食べられなさそうなメニューがあるお店と
店頭にありきたりなメニューだけが並んでいるお店。

どちらが入りやすいお店でしょうか?

シンプルに入りやすいお店が新規客が増える店頭ですよね。

店頭を中が見えちゃうから、見えなくしたり
物で隠したりすることは、
新規客を遠ざけることにもなります。

「外から丸見えでお客さんが落ち着かない…」
と見えないようにするよりも
見せて入りやすいようにすることの方が優先です。

また、外から見えても中に集中してもらえれば
外から見えているなんて気になりません

楽しい空間、楽しい食事なら
外ではなくて店内が気になっていますから。

なので新規客が入りやすい店頭・ファサードを優先してみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら