スタッフ教育・チームビルディング

認識のズレは大きなロス。お客様との距離を適正に保つためには?

飲食店にとって「お客様との距離感」はとても重要なもの。
その距離感は人によって変わる曖昧なものですが、
スタッフ共通の認識をもち保つことが重要といえます。

おはようございます!
飲食店のコンサル・運営アドバイザーの小島です。

お客様との距離感は店舗ビジネスである飲食店にとってとても重要です。
どんなに美味しくてもお客様がそのお店に求めている距離感でない場合、
それは違和感となりお客様の心と頭に残ってしまいます。

次の来店の際にその違和感を思い出し、
お店候補から除外されることもあるでしょう。

なのでお客様との距離感はとても重要なのですが
距離感は人によって変わるとても曖昧なもの。

それではお店の共通の距離感を保てなくなります。

例えばお客様との距離が近い居酒屋で

Aさんはお客様との距離が近い
Bさんは遠い、Cさんも遠い。

などとバラバラになりこれでは
Aさんがいない時は、このお店では
遠い接客のみになってしまいます。


これはそれぞれの距離の認識にズレがあるからと考えられます。

Bさんも、Cさんも、お客様との距離が近くなるようにしているつもり。


ですが実際は近くない。


こうしたことにならないように
明確にする必要があります。


それには、まず物理的な距離を具体的に設定します。

お客様との距離が近くなるように導線を設定する。

あるテーブルだけ距離が遠くならないように
あえて距離が近くなるように導線を見直す。


こうしてまずはお客様との物理的距離が近くなるようにし、
お客様が話しかけやすいように、スタッフが話しかけやすいようにします。


反対にお客様との距離が近くなりすぎないような業態の場合も同様に
導線の見直し、立ち位置の設定を具体的にルール化します。


良くあるのがホールスタッフが奥に引っ込んでしまうことで
「ホールに誰もいない」
「注文したいけれどスタッフが気が付かない」
なども未然に防ぐことができます。


奥に引っ込んでしまうのは、
お客様との距離の認識が明確になっておらず、
徹底していないからが多いです。


「お客様との距離を近くして接客して」

と曖昧ではそれはそれぞれで認識が異なるので

「ちゃんと近くしました」
「全然近くないじゃん」

と不満が双方に生まれてしまいます。

しっかりと理由を明確にしてルールを明確にすることで
お互いの不満も減らすことも大切です。



今日はあなたのお店の距離感はどうなのか?
それを考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら