ステップアップ成長思考

いつだって商売はシンプル

必要とされるものを必要な人に売る。
これが一番エネルギー使わないで売る方法ですよね。
 
そして、商品価値も必要な人の方が高い価値を感じてもらえます。
 
例えば、クーラーの効いた会社内でお水。
 
いくらだったら買いますか?
 
 
100円くらいですよね。
 
 
でもこれが、真夏の公園で日陰もない場所。
水道もない中だったらいかがでしょうか。
 
200円でも買いますよね。
 
 
さらに、熱中症で倒れている方いたら
5000円でも買いますよね。
(人道的な観点は置いておいて)
 
極端にいうとそういうことです。
 
 
飲食店で例えると、
例えば、鍋屋さん。
 
鍋屋さんに行くときってどういう時でしょうか?
 
なぜ、鍋屋さんにいくのでしょうか?
 
 
鍋料理って、ひとつの鍋をみんなで共有しますよね。
(一人鍋除いて)
 
ひとつのものやひとつのこと、同じものを共有することや
同じ行動をすることは、
基本仲良くなります。
 
チームをまとめたい時や新入社員が入った時、
そういったチームの形成期に鍋屋さんに行くと
早くチームがまとまったりします。
 
ただ、食事に行くだけの理由ではないんですね。

そして仲間同士で鍋とか食べたいと思いませんか?
でも、好きでない上司と一緒には嫌だと思います。
食事だけなら同じなはずです。
 
 
なので仲が良いお友達とご家族と一緒に食べる鍋だから
最高の価値が生まれると考えられます。
 
 
ひとり鍋、本日テレビで紹介されていましたが、
鍋本来の価値を伝えることは難しいかもしれません。
 
鍋という価値+みんなで楽しく鍋を食べる価値=本来の鍋の価値

コロナ禍の一人鍋は
鍋という価値+コロナ禍でも鍋が食べられる価値=コロナ禍の鍋の価値
になっているということだと思います。
 
緊急事態宣言やまん延防止などが解除されたら、
このコロナ禍でも鍋が食べられる価値が無くなり
ひとりでも鍋を楽しめる価値に置き換わります。
 
その時のアフターコロナのひとり鍋の価値はどうなるのでしょうか?
 
商売の原則である
必要とされるものを必要な人に売る。
 
これを継続できる必要な人の数を確保できるか?
今日は考えてみていただければと思います。
 
今は必要な人が多いから良いかもしれませんが
1年後、2年後に必要とされるお店になるのか
よく考えていただきたいと思います。
特に個人店はブームに左右されないように。。。
 
いつだって商売はシンプルです。
そして飲食店は短距離走ではありません。
マラソンのように走り続ける力が必要です。
  
コロナブームの商売でなくて
コロナ禍が終わった後も生き残る強い
業態を
強いお店を
会社を
今こそ構築すべきだと小島は強く思います。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^)

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら