メニュー改善

高くても売れてる商品とは?

こんばんは!

個人飲食店の味方

飲食店みぎうでサポート

小島です(^O^)

今日は、

昔からお世話なっている
月刊食堂さんの記事で凄くいい記事あったので

少しご紹介(^O^)

内容は実際に買ってみた方がいいので。

月刊食堂(柴田書店)様

そこで

高くても売れてる商品というのは、

どういった商品だとおもいますか?

それは・・・

価格より価値が高い商品

何度もブログで言っていますね(笑)
 

これは本当に大事なので

これからも何度もお伝えすると思います。

今回の消費税増税で各メーカーも値上げを打診してくると思います。

そこで値上げを決意できないとドンドンきつくなってきます。

でも、ただ値上げして納得してくれるほど

世間は甘くはないですよね。

そこで、考えて欲しいんです。

どうしたら

原価はそのままで

価値を上げられるか?

食材の原価だけが価値ではありませんね。

盛り付けやお皿、接客・お店の雰囲気。

調理方法ひとつとっても

目の前でバーナーで炙ったり、

目の前でローストビーフをカットしたり

北京ダックをカットして巻いたり、

出来ますよね。

「この料理はこの売価でないと売れない。」

と思っていたら

間違いなく売れません。

この料理をこの価格で売るにはどうしたらいいのか?

これを考えるのが経営者であり、

料理長、職人、店長の役目です。

実際の売れている商品がどんなものかは

月刊食堂(柴田書店)を読んでいただくとして

最後に

売れる商品に共通することをお伝えさせて頂きますね。

それは、

定番の商品です。

しかし、単なる定番だとどこにでもあるので

大事なのが

少し普通と違うこと。

が必要です。

自分が中華の時、

麻婆豆腐をお皿で提供していましたが

土鍋(中華の砂鍋(サーコー))での提供に変更して

お客様の目の前で四川山椒をミルで挽いてかけ

(ここまでは普通ですが)

一般的に砂鍋を火で温めて提供するところを

旅館の鍋みたいに固形燃料で火を灯したまま

提供に変更しました。

目の前で食べ終わるまでグツグツしている麻婆豆腐に

四川山椒をお客様にストップと言うまでかける!

これで新人アルバイトスタッフもお客様とコミュニケーションとれ

お客様も四川山椒の香りが漂い、熱々の一番おいしい状態で

麻婆豆腐を食べられる。

この麻婆豆腐はテレビや新聞、雑誌で数々ご紹介頂きました。

この麻婆豆腐、やる前は

現場にいるほとんどの人に猛反対されました。

「火をつけたままなんて危ない。」

「やけどしたらどうするんだ。」

「そんなのやる必要ない。」

でも、自分はお客様の喜ぶ顔が見えていたので

突きとおしました。

大企業の社長も言われていましたが

「みんな反対するのなら大成功する」

この言葉に偽りはないと思います。

ただ、周りの意見を押し切ってやるのなら

全責任をとる覚悟でやるべきです。

やるという覚悟をもって成功するまでやりきりましょう!

それでは、

成功への階段いっしょに上りましょうね!

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら