お知らせ

メディア取材を効果的に活かす大切な考え方

最近、クライアントが取材を受けることがとても多いので
今日は取材を受けるにあたって100%効果的に活かす方法を
お伝えさせていただきます。
 
まず、これをお話しできるのは小島が多くの取材を受けてきたから
リアルな内容となります。
 
実際のマスコミ取材経験として
ウチくる
モヤさま
newsevery
キリンビールCM
日本外食新聞
日経レストラン
近代食堂
週刊現代
などなど・・・。

取材を受ける度にメディアの方とお話をして実情もたくさん聞きました。
 
こうした経験から取材をどう活かすか?
 
を伝えられます。
 
 
今日は大きなポイントをひとつだけお伝えいたします。
 
 
一番大切なことは取材する側の意図を組むこと。
 
 
取材はあくまで視聴者や購読者に伝えるために行います。
 
なのでその伝えたいことを伝えられるように
することが求められます。
 
ですが取材依頼が来た時に
自分の伝えたいことだけ伝えようとしても
効果的な告知にはなりません。
 
なので最初に取材依頼が来たら
取材をする経緯を聞くことがとても大事です。
 
なぜ数ある飲食店から選んだのか?
 
それを把握してそれに沿った形で
自店舗の伝えたいことを絡ませてアピールする。
 
こうすると取材する側も情報に厚みが出て
使いやすくなります。
 
 
そして、取材する側はとても時間が無い状況がほとんどです。
 
当日取材して当日放送もあります。
番組が始まっても編集していることもザラとなります。
 
なので取材依頼が来たらすぐに返事をしないと
すぐに次の候補に連絡してしまいます。
 
なのでいつでも返事できるように
取材受付のフローを作成しておいてください。
 
これも基本的な小島の考え方の
 
目の前の人を100%笑顔にする

これを実践しているだけとなります。
至ってシンプルですよね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら