お知らせ

あなたのお店は新規客・リピート客どちらが足りない?

どちらも大切なお客さんといえる新規客とリピート客。
業績が伸び悩んでいるのならどちらを増やすことが大事なのでしょうか?

おはようございます!
飲食店のコンサル・実践運営アドバイザーの小島です。

「日々の売上が安定しない。。。」
「売上の差が大きい。。。」
と飲食店の悩みにもなっている日々の客数の差。

それにも関係知るのが新規客とリピート客。

当然のことながらリピート客が多ければ
固定客が多いので日々の売上は安定しますが
リピート客が少なく、新規客が多いと
固定客が少なく売上の変動は大きくなります。

わかりやすいのが観光地。

夏休みなど大型連休にはいつもの数倍の売上をたたき出す。
ですが平日になると一気に減ってしまいます。

これは新規客が多く、リピート客が少ないからと考えられます。


町場の飲食店は比較的この差が少なくなります。

毎日通う常連様が多いお店では比較的安定します。


そして繁盛店になると
固定客となるリピート客が多いので
土台の売上・客数が多く+新規客もその賑わいを見て入ってくるので
いつも満席になってきます。

反対に暇なお店は
固定客となるリピート客が少ないので
土台の売上・客数が少ないのでいつも閑散としているので
新規客も入りにくく結果、繁盛店と大きな差がついてしまいます。


入っているお店はいつも満席でパンパンで
となりのお店はいつも閑散としている。


こうした繁盛店と暇なお店の状況は
この理由で生まれていると小島は考えています。


こうして考えるといかがでしょうか?


暇になるとどうしても「新規客を呼び込まないと・・・。」と
新規客を集める集客をしようとしてしまいます。

焦りがあるので・・・ね。


しかし、

新規客は固定客から作られる

ことから考えるとまずはリピート客を増やすことが大事です。


今、来ているお客さんをもっとリピートしてもらう。

月1回しか来ていないお客さんを月2回来店してもらう。
月2回になれば単純に考えて客数2倍ですよね。

そうしたお客さんを増やすことで
お店の賑わいを創り新規客も入りやすい雰囲気を創り出す。

これが繁盛の法則といえます。


暇だと焦ってしまい表面的な販促に目がいってしまいます。

しかし、大事なのは内面的な本質であるお店の中で
どれだけ固定客を創れるか?だと思います。

今日は今日来店するお客さんを
全員リピートしてもらうために
営業してみてください。

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら