写真撮影

ワンランク上の料理撮影になるちょっとしたポイント

今や飲食店にとって料理撮影はごく当たり前の業務になっています。

メニューや店頭タペストリーや看板、ポスターに使用する販促物は
プロに撮影してもらった方が良いですが
SNSやホームページ、LINEなどで
まめに投稿するための写真は、現場でササッと撮影することが多いのではないでしょうか?

撮影に関しては今まで40くらい記事を書いていますのでご参考にしていただければ幸いです。

今回はちょっとしたことで
ワンランク上の料理撮影になるポイントをお伝えさせていただきます。

ワンランク上の料理撮影になるちょっとしたポイント

細かい撮影技術は、こちらからみてくださいね。

今回のちょっとしたポイントは
背景に気を遣うということです。

とてもやりがちなな例として
ステンレスの上に料理を置いて撮影していまうことです。

キッチンでパッと撮影する際、
冷蔵コールドテーブルの上で撮影してしまうと
どんなに料理が美味しそうでも
ステンレスの背景で無機質に感じられてしまいます。

折角撮影しても無機質な料理では魅力が半減してしまいます。

なのでパッと客席に移動して客席のテーブル席で撮影したり
もしくはこうした背景紙をパッと敷いて撮影することをお勧めいたします。

背景紙が足りないとそれはクオリティが下がってしまいますので
お皿の大きさによって背景紙のサイズを決めていただければOKです。

これだけでもグッと料理写真は変わります。

また、料理以外に映り込むものも
その料理に関係ないものは入らないようにすることでも
ワンランク上の撮影になります。

サラダを撮影するのにガスバーナーが映りこんでいたり
まな板が映り込んでいたり、ボールペンが映り込んでいたりしては
それは配慮が足りないので
サービスにも配慮が足りないと感じさせてしまいます。

例えるならSNSに投稿する写真は
赤の他人に自分の家の中の生活風景を見せているようなものです。

家の中の散らかった様子が映りこんでいる中で
「今日はこんな料理つくりました!」
と言っても美味しく感じるところか
映りこんだ内容に目が行ってしまいます。

なので料理撮影も同じに考えて
料理に目が行くようにするために
背景にちょっと気遣い配慮してみてくださいね。

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら