店舗運営の豆知識

スマホで撮る!飲食店の料理写真で集客アップ

飲食店の料理写真は、集客に欠かせないものです。
しかし、料理写真の撮り方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スマホで簡単に美味しそうな料理写真を撮る方法をご紹介します。

 
最初に質問です。
 
料理写真の撮るときに一番重要なものは
何だと思いますか?
  
答えは照明です。
 
 
カメラは最近のスマホは性能が良いのでそれでも十分です。
こだわれば、一眼レフカメラのフルサイズ機ですが。。。
 
料理写真を撮影するにあたって、
光をどうあてるか?
 
光をどうコントロールするかが重要になってきます。
 
大まかにお伝えすると・・・

  • 料理の後方(逆光)、もしくは斜め後ろ(半逆光)から
    料理に対して45度から優しい光をあてる。
    これは窓があるのなら直射日光でない柔らかい光を当てればOKです。
  • そして、料理の手前に白い紙を立て光を反射させる。
  • 料理の正面から45度から撮影する。
  • 料理(被写体)は器が切れないように全体が映るようにする。
     
  • スマホで撮る際も1.5mくらい離れて撮る。

 
特に光をコントロールするのが一番大切です。

なので簡単にスマホで撮影する場合は
撮影する場所を決めておくこと。

キッチンの蛍光灯の下で
冷蔵コールドテーブルの上で撮影したりしないでください。

基本はテーブルの上で
スポットライトが当たらない場所。
当たるならライトは消して撮影する。

その分、やわらかな光を当てる。

影が強く出たらそれは光が上手く行っていないので調整。

これだけで撮影クオリティが大きく変わります。

ぜひお試しくださいね。

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら