スタッフ教育・チームビルディング

損をする効率重視の席案内

よく飲食店で迷うのが席案内ですよね。
ちょっと席に余裕があるときに
テーブル席に1名様を案内して
その後、連続で4名が来店されて
席に案内することができない。。。
 
「あ~失敗した~。」
 
ということありますよね。
だからといって
ピークアウトしているのに
効率重視でカウンター席につめて、
テーブル席がガラガラにしてしまうと
損をしてしまいます。
 
なぜなら、どんなに美味しくても
居心地が悪ければ再来店率は下がります。
 
そうなると一時的なその日の売上は
上がるかもしれませんが
1年間トータルで見た時に
リピートが少なくなり、
結果売り上げも減ります。
 
そして、居心地の悪い空間では
追加注文も少なくなります。

例えば、小さなお子様連れの2名で来店され
テーブルが開いているのにカウンター席に通した場合と
テーブル席に案内した場合。
 
再来店は後者の方が高いと思います。
 
なのでその効率重視の席案内が
本当に売上が上がるのか?
逆に
詰め込みすぎない方が結果
LTV(生涯の総購入金額)が増えるのではないか?
 
こちらを考えてみてくださいね。
飲食店は短期商売ではないので
中長期的に考えてみてください。
 
場合によっては詰めないといけない場面もありますし、
業種業態によっても変わります。
 
そして、お客様のことを思って行った
席通しを「ミス」と思わないでください。
 
他のお客様がスムーズに入れない分、
絶対にリピートしてもらうように
そして、待たせるお客様をできるかぎり
不満を与えないように
接客でカバーすれば良いと思います。
 
スタッフが最善でない席通しをした場合でも
怒らずに上記を伝えてプラスにもっていきましょうね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら