利益を生み出す飲食店の数字

棚卸をやらないで飲食店経営は無謀

趣味で飲食店をしているのなら別ですが
人を雇用して経営しているのなら棚卸をしないことは無謀ともいえます。

おはようございます!
飲食店のコンサル・実践運営アドバイザーの小島です。

本日31日は月末であり棚卸の日でもありますね。
棚卸をしていないお店はまだ多く、
「手間暇と人件費が余分にかかるからやらない。」
とやらない理由を言っているのではないでしょうか?

何度もお伝えしていますが棚卸は必須です。

棚卸をやらないことで原価のブレが把握できず
大きなロスが出てしまいます。

例えば、300万の売上のお店で
想定原価より1%だけでも多いと
それだけで3万の利益が吹っ飛びます。

年間36万あればスタッフにボーナスも少し払えますし
真空包装機も導入できますね。

そして毎月の棚卸をするためのコストよりも
やらないことでのリスクの方がとてつもなく大きいです。

1%のズレで3万、
しかし実際棚卸をしていないお店は3%くらいは
想定より多いことがあります。

想像してみてください。


月9万。

無駄になっていたら。。。

年間108万も現金がなくなっていたら。。。


ぞっとしますよね。


それくらい大きなことといえます。


「毎月そんなにブレないから、やらなくて良いのでは?」


毎月そんなにブレないということは少しずつブレていたら
1年後には大きなブレになります。

そして、やらない習慣がついて3年後には利益の出ない体質になります。



「店長達がやりたがらない」


自分たちの本来得るはずのボーナスが
ロスとして消えているかもしれません。


人件費に割くべき資源がロスによって無くなって
人手不足に陥って自分たちの休みを取得できない
原因になっているかもしれません。

それでもやらないのなら、
これから待遇も良くなることはなく、
さらに悪くなっていくことがみえていますが
それでも棚卸をしませんか?



仕入れ原価では、月末の在庫次第でしっかりと原価を把握できません。
レシピの原価は、あくまで理想であり現場を把握できません。

なので棚卸原価は必須といえます。

今日は月末。
しっかりと棚卸をして
実際の原価を把握して
適正に保たれているのか?
どこで利益が飛んでしまっているのか?

地図を持たずにやみくもに大海原を航海するギャンブルするのではなく
しっかりと自分の位置を把握して目的地につけるようにしてください。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

]]>

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら