利益を生み出す飲食店の数字

今こそ飲食店はキャッシュフローを考えよう! 

2月7日までだった緊急事態宣言も延長。
そして自粛要請地域では協力金。
#協力金もらえない地域どうすれば #他の産業は #問題山積み
 
もらえるお店も協力金が現金として入るまでがとても重要。
なので今が一番キャッシュフローがマイナスということです。
 
前回の時短営業要請を受けての
協力金の申請も始まっていますので
申請未だの方は早く申請してくださいね。
※東京の場合2/26まで。
https://jitan.metro.tokyo.lg.jp/dec/index.html
 
今回の協力金を貰えるといってもまだ先の事。
延長したということは前回のも申請受付が遅かったこともあり
もらえる日も遅れる可能性もあります。
#詳細早く決定して欲しい 
 
そして地域によってもらえても少額だったり様々。
#細かすぎて把握できない
 
どのパターンでも緊急事態宣言中はキャッシュがドンドン減っていきます。
 
基本的に飲食店はキャッシュアウトからキャッシュインまでが
異常に短い業種です。
 
朝仕入れたものをその日に現金化できる。
それが強みであり弱みでもあります。
こうした特性からも
今、もう一度キャッシュフローを
見直してみる必要があります。
 
協力金が入るのを3月中旬頃と仮定して
今のうちに資金調達が必要なら、銀行に今一度
相談に行ってみる。

個人として政府の生活福祉資金の特例貸付
→ https://corona-support.mhlw.go.jp/
に相談してみる。
#生活福祉資金の特例貸付
 
雇用調整助成金の特例措置を(令和3年2月28日まで延長)も
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000712893.pdf
あるのでこちらも勿論申請。
#雇用調整助成金
 
この緊急事態宣言中に相談にいっておく。
そのためにも今日は考えたくないですが
キャッシュフローを考えてみてください。
  
今はありとあらゆる手を使って乗り越えましょう!
そして、この協力金で出来る限り現金を持っておいてくださいね。
#飲食店 #一日一改善 #キャッシュフロー #緊急事態宣言中 #協力金
 
最後に闇営業?時短営業要請を受けて20時までで
営業していると申告して
実際は20時以降も営業して
協力金をもらおうとしているお店も一部あるようです。
 
が、虚偽の申告で受け取った場合
最悪、協力金と同額を協力金とともに
払わないといけないこともあるようです。
リスクが大きすぎるので
小島だったら絶対にやりませんよ。
#倍返しだ #商売は正売 #王道で
 
 

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら