店舗運営の豆知識

食中毒予防のための仕込み後の粗熱取りの方法

特に、暑い時期は菌の繁殖が活発になり、食中毒リスクも高まります。
そこで今回は、仕込み後の粗熱取りと食材の常温放置に焦点を当て、
分かりやすく実践的なポイントをお伝えさせていただきます。

1. 粗熱取り:油断は禁物!適切な方法で素早く下げよう

調理後の食材は、室温に放置するとあっという間に菌が繁殖し、食中毒の原因となります。
そこで重要となるのが、粗熱取りです。

適切な粗熱取り方法

  • 室温25℃以下で2時間以内に冷めるように、浅い容器に移し替える。
  • 大きな塊は、包丁で小さく切り分ける
  • 熱い鍋流水直接浸す
  • 扇風機サーキュレーター風を当てる

NGな方法

  • 常温放置:菌の繁殖を促進し、食中毒のリスクを高めます。
  • 冷蔵庫に入れる:冷蔵室の温度が上がり、他の食材の品質も低下する可能性があります。
  • ラップで包むだけ:内部に熱がこもり、十分な粗熱取りができません。

ポイント

  • 温度計で中心温度を確認するのが確実です。
  • 冷蔵庫に入れる場合は、粗熱を取った後、速やかに収納しましょう。

2. 常温放置:菌の繁殖タイムリミットを知ろう

粗熱を取った後も、食材を常温に放置すると菌が増殖します。安全な保存時間は以下の通りです。

食品安全な保存時間(室温25℃)
ご飯2時間
おかず1時間
生野菜30分
刺身・寿司30分
肉・魚介類(生)30分

ポイント

  • 上記はあくまで目安です。気温や湿度、食材の状態によって変動します。
  • 調理後すぐに食べる場合は、常温放置時間を短縮しましょう。
  • 保存が必要な場合は、冷蔵庫または冷凍庫へ移しましょう。

3. まとめ:食材の安全を守る3つの習慣

  1. 粗熱は素早く、適切な方法で取る。
  2. 常温放置は時間を短くし、保存が必要な場合は冷蔵庫へ。
  3. 温度計を活用し、食材の状態を常に把握する。

これらの習慣を徹底することで、食中毒リスクを大幅に減らすことができます。
お客様に安全で美味しい料理を提供するために、今日から実践してみましょう!

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^♪

もっと詳しく食中毒予防について知るには
厚生労働省HP、https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html
でご確認ください。

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら