店舗運営の豆知識

あなたのお店の利用動機はいくつありますか?

制限解除された地域で平日の集客に苦戦しているお店を多く見かけます。
あなたのお店はいかがでしょうか。
その時、まずはあなたのお店がマルチ利用動機になっているかチェックしてみてくださいね。
 
「マルチ利用動機?」と思われる方はブログを続けてみてくださいね。
 
マルチ利用動機は、
「複数の利用動機」。
様々な利用動機に対して利用されるかどうかです。
 
例えば、カフェ業態だと
食事をメインに揃えるだけでなくて
デザートもしっかりと専門店としても通じるように
商品をブラッシュアップする。
 
そうすることで、ランチだけでなくてカフェタイムにも
利用してもらう。
 
また、うどん業態でも酒のアテを
割烹料理に負けないくらいブラッシュアップして
お酒も飲めるようにすることで
うどん業態の客単価問題も解決し、
利用動機もマルチにする。
 
居酒屋業態は、海鮮丼をランチで提供したり
Uberなどで海鮮丼のバーチャルレストランを行う。
酒の利用動機と食事利用そして中食の利用動機をカバーする。
 
焼肉業態なら、焼肉としての食事利用、
ランチは弱いので肉丼業態をテイクとデリバリーで。
そして、肉屋として精肉販売はあくまで鮮度を維持するためにと
お客様との繋がりを深くするために利益は求めないようにする。
 
例えばこのようなマルチ利用動機に対応することで
寄りお客様の生活に深く根付くことができ、
「なくてはならないお店」になることができます。
 
そうなれば強いですよ。
広告も打つ必要が少なくなるし、
集客も自動化することができます。
なので今日はあなたのお店のマルチ利用動機を考えてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^
 

購読完了チェック

購読されたら下記ボタンで既読済みにできます。


集客・客単価アップ・収益改善を支援いたします!


メニュー・チラシ・ポスター・看板デザイン・ホームページ制作・求人ポスター
各種コンサル+デザイン
Googleマップ・MEO対策支援及び運用ツール『FoodLuck MEO』提供
(Google MAP・クチコミ対策 AI返信・SNS運用連携)

メニューや看板、ポスターやチラシなどで格好の良いデザインは自己満足に過ぎません。
本来お店が繁盛して売れて利益をだすことがデザインの使命でもあります。
FoodLuckのデザイン制作は、デザイン制作だけのご依頼は承っておりません。
飲食店専門のコンサルタントがヒアリングを行い戦略を立てた上で
デザインにコンサルティング要素を取り入れてデザインを行います。



ずっとお店をサポートし続ける
飲食店コンサルティング+デザイン

株式会社FoodLuck (Sotogo fun運営会社)
お問い合わせご相談:https://foodluck.tokyo/


本文の著作権は当社に帰属しており、複製、転載、転用は厳しく禁じています。
本文の一部または全部を他のウェブサイトや印刷物、電子媒体などへ複製、転載、転用することはできません。
複製、転載、転用した場合、法的措置を取る可能性があります。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員お申込みはこちら
会員お申込みはこちら